神戸三宮(神戸市中央区)の岡田上鍼灸院 > 針治療の効果・治療院案内 >

膠原病

膠原病(こうげんびょう)

炎症のコントロールも。膠原病は治るのが難しい完治が困難な病気ですが、自己免疫を鍼灸で調整すると、炎症が沈静化してきます

 膠原病については、病院で定期的に検査や投薬を受けながら、治療を受けてもらっています。
 免疫の自他識別能力の向上に集中して治療に取り組める鍼灸師や膠原病の名医と出会い、免疫のアンバランスを調整すれば良くなる可能性がある病気です。
 文字通り、自分で自分を攻撃する状態で自分の体を犠牲にしてしまう状態の時に発病する方が多いです。精神的なプレッシャーや言葉の暴力は最悪で、肉体的な過労や眼の酷使、呼吸器系に負担のかかる環境も良くありません。
 自分で自分の組織を攻撃してしまった部分の炎症からの回復なども考慮して治療していきます。
 病名と治りやすさが一致しないのが膠原病の特徴で、個人によって治る過程や必要とする治療回数に違いが大きいのが実情です。
 詳しくは、 神戸三宮の鍼灸院からの情報膠原病